【トミーのガジェット通信】


トミーのガジェット通信では、トミーの独自の視点、価値観で購入した様々なガジェットを紹介していきます。

今回のトミーのガジェット通信はDJI OSMO Mobileをご紹介したいと思います。

カメラ:EOS KIss X9/レンズ:85mm F1.8 で撮影

カメラ:EOS KIss X9/レンズ:85mm F1.8 で撮影

買ったきっかけはヌルヌル動画が撮影したくてAmazon、Yahooショッピング、ヤフオクでスタビライザーを探していたところ、新品未開封OSMO Mobileと書かれた3000円の商品があり、とりあえず3700円で入札。

気が付けば落札されていました。

で、届いた商品がDJI OSMO Mobileの専用ケース…。

タイトルはともかく、確かに商品説明には専用ケースと書いてある。

しかも専用ケースなので、Smooth Qなどのほかのスタビライザーは合わない…。

とりあえず、購入に失敗したのであまり予算をかけれないので、できるだけ安いDJI OSMO Mobileを探してみる。

とりあえずヤフオクで25000円のものを発見するが、結局35000円ぐらいになってしまう。

これの繰り返し。

で、Amazonの中古を探してみる。

あった!25000円のほぼ新品!

早速購入してみるとびっくり!届いたのはほぼ新品ではなく新品未開封!

多分、複数のオンラインショップを運営しているお店で同時に中古品が売れてしまい、トミーの購入したものが在庫がなくて新品になったのではないかと推測。

何はともあれ、トータル金額をみても新品を単品購入するより安く済んでしまいました!

 

ところで、このDJI OSMO Mobileですが、スマホをセットして使うのですが、何がすごいかというと…

モーターでローリング (rolling) ・ピッチ(pitching) ・ヨーイング (yawing) をそれぞれに制御して、撮影用に取り付けているスマホの水平を保ってくれます。

なので、歩いたり走りながら撮影するときの手ブレを補正し、振動が手に伝わる不安定な状態でも安定感のある動画撮影が可能です。

あと、他にも様々な機能があります。

アクティブトラックではスマホ画面上からカメラビュー内の被写体を選択すると、
その被写体を追従する機能になります。

タイムラプスはカメラは動かさずに固定して、なにかが移りゆく過程を時間を追って撮影していきます。花が咲きはじめる瞬間や流れる雲の様子を、滑らかで美しい映像で撮影ができます。

さらにモーションタイムラプス。カメラを動かしながらタイムラプス撮影を行ったもので、広い範囲を見渡すようなタイムラプス動画が撮影できます。

また、スローモーション撮影も可能です。

 

トミーはiPhone7 PlusとiPhone 6を使っていますが、AirDropを使用してMac Book AirやiPad Proにデータが移せるのでかなり楽!

また、スマホで撮影するので、すぐにSNSに投稿したり、LINEで送ることができるのもかなり便利!

 

最近、DJI OSMO Mobile 2という商品も出ています。

ただ、2になって良くなっているところもあるけど…

OSMO Mobile OSMO Mobile 2
サイズ (ハンドル)61.8×48.2×161.5 mm 295×113×72 mm
(ジンバル)125.06×109.15×90.98 mm
重量 501g 485g
バッテリー交換 不可
バッテリー容量 980 mAh 2600 mAh
充電時間 3時間 2時間
稼働時間 3時間~4.5時間 15時間
取り付けデバイス 幅58.6~84.8 mm 幅58.6~84.8 mm

バッテリー容量が増えて稼働時間が長くなったのに、充電時間が短くなってます。

あとは、OSMOベースを取り付けなくても三脚と接続できるポイントもいい!

ただ、残念なことに、全体的にプラスチック感が強くてちょっと高級感に欠けるかな…。

形や見た目から入るトミーとしてはただ単純にバージョンアップしたものと廉価版の2パターン用意してほしかったところです。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です